薬剤師転職-臨床開発モニター

「薬剤師」といっても、本当に様々な働き方があります。とくに新薬の開発に置ける治験に携わる職業への薬剤師の転職は近年注目を集めていますね。薬剤の知識やスキルを持つ薬剤師は、そんな治験の現場で優秀な人材として求められており多くの薬剤師が治験へ携わる職業へ転職を果たしているのです。

治験で活躍する薬剤師の転職先として、まずイメージするのは「治験コーディネーター(CRC)」なのではないでしょうか?ですが、CRC以外にも治験現場で働く選択肢があるのです。治験とは、新しく開発された新薬の効果や安全性を確かめるために行われる臨床実験を指します。

この治験が、定められた基準にそって正しく安全に実施されているかどうかをチェックする重要な職業に「臨床開発モニター」というものがあります。臨床開発モニターによって、治験は安全に実施され、参加する患者さんの健康も守られているのです。新薬の開発に携わるやりがいの大きな職業ですね。

これは治験コーディネーター(CRC)にも言える事なのですが、実は「臨床開発モニター」になるために、薬剤師の資格は必要ありません。特別な資格が必要という訳ではないのですが、治験という新薬に携わる職場であるからこそ薬剤師の知識や能力、キャリアが求められているのです。

「臨床開発モニター」の求人は、製薬会社が集中する都心部によく見られます。地方での求人ではまず見かける事は無いのではないでしょうか。求人誌などの一般的な求人媒体での情報収集は限界があるかと思われますので、薬剤師に特化したタイプの転職支援サイトの活用をお勧めします。

転職支援サイトは多くの場合無料で利用する事が可能な上、専属のコンサルタントによるアドバイスを受けながら求人選びや書類(職務経歴書・履歴書 など)作成、面接の対策など不安の多い転職活動をスムーズに進める事が出来ます。多くの情報を集めて、より自信にマッチした職場に出会いましょう。


薬剤師転職-調剤薬局

近年多様化する薬剤師の就職・転職事情ですが、やはり「調剤薬局」への就職がよく見られます。求人の多さといった魅力もありますが、正社員としての就職以外にもパート・アルバイトとしての就職も多く、子育てや介護など家庭の事情から勤務可能時間に限りの生じやすい女性薬剤師にも人気の就職先ですね。

収入面については、一般的な会社勤めの方と比較すれば優遇されてはいます。しかし、数ある薬剤師の職業の中で比較した場合決して「高収入」とは呼べません。転職で収入アップを目指す薬剤師の方は、別の転職先を検討するべきではないでしょうか。

とはいえ、調剤薬局への転職人口は多く、それに応じる求人数も年々増加している事実があります。一昔前まで、病院で直接薬の処方がされるケースがほとんどでした。しかし医薬分業が進んだ近年では、医師から出された処方箋をもとにお薬は病院のそばに設けられた調剤薬局で処方されている事がほとんどです。

医師よりも薬に精通している薬剤師が疑問や不安・相談へ応じる事で、安心・安全にお薬を服用できるようになった事は患者さんにとっても大きなメリットだと言えるでしょう。これらの背景から、都心・地方関わらず調剤薬局の薬剤師求人はこれからも増加していくと考えられます。

調剤薬局での薬剤師の業務は、医師から出された処方箋をもとにお薬を調剤し患者さんに受け渡す事です。ですが、「調剤し、渡して終わり」という訳ではありません。服用に際しての心配や疑問を抱く患者さんには、アドバイスや指導を行う事でその不安の払拭に勤めます。

様々な患者さんがいらっしゃいますので、その一人一人に適した対応が求められるためコミュニケーション能力が問われる職場でもあるでしょう。また、患者さんの体質や副作用情報などの薬歴管理も調剤薬局で勤務する薬剤師の重要な業務となっています。

調剤薬局の薬剤師求人は大変数が多いので職安や求人媒体などでも収集する事が出来るでしょうが、薬剤師に特化したタイプの転職支援サイトを活用する方が多いようです。

多くの求人情報を収集できる事はもちろん、その中から自分に合った職場を選ぶ際にも無料で専属のコンサルタントからのアドバイスを受ける事が出来るサービスもあり、こういったサービスをうまく活用し、転職活動に活かす方法が主流になりつつあります。