薬剤師転職を成功させるコツは?

「薬剤師といえば、薬局で働く」というイメージも古く、近年では薬剤師の皆さんの転職先はますます選択肢が増えてきました。調剤薬局はもちろん、病院勤務やドラッグストア、製薬会社など…このように活躍の場が増える事で、薬剤師の皆さんにとっては「適正」や「やりがい」を今まで以上に重視した転職が可能になっている状態です。

それは転職を希望する求職者の立場からはもちろんですが、採用する側としても資格以外の適正・人間力のある人材を求めている事も現実です。選択肢の広がりに比例する様に、職場ごとでの適正はより細分化されていきます。

ドラッグストアで接客をする薬剤師と、製薬会社で研究に携わる薬剤師とでは業務の内容はもちろん適正が異なるのは当然ですね。自身のスキルやノウハウ・キャリアなどを見つめ直し、書類(履歴書・職務経歴書)や面接でどうアピールするべきかはケースによって違うという訳です。

単に「薬剤師の資格をもっている」だけでは無く、その職場ごとに求められているモノを理解しアピールに繋げる事が、薬剤師の転職においては大きなポイントとなってくるでしょうか。

職場ごとの業務内容や必要とされている適正については、インターネットでの検索である程度調べる事が出来るでしょう。ですが、それらと自分の適正をどのように繋げるか、あるいはアピールするのかについてはなかなか難しいですね。

そういった場合、ぜひ「薬剤師転職支援サービス」の活用を考えてみましょう。多くの求人情報を入手できる事はもちろん、「薬剤師転職支援サービス」では、ほとんどが無料登録で利用できます。多くの求人情報を得ることができますし、転職のプロであるアドバイザーとの相談や助言を受ける事が出来るサービスもあり、要領よく転職活動を行う事が出来るはずです。

薬剤師の方が転職を成功させたいと考えているのであれば、いまや「薬剤医師転職支援サービス」は不可欠な存在なのでは無いでしょうか。


管理薬剤師への転職

近年、薬剤師の転職先は多岐にわたり、キャリアの伸ばし方にも広がりが出てきました。それぞれの職場で求められる経験や能力を理解し、薬剤師としてのあなた自身の価値を高める事で、その後の転職をグッと有利にさせる事ができます。

ドラッグストアや薬局などへの転職を希望するのであれば、「管理薬剤師」としての選択肢も覚えておきましょう。薬局・店舗・製造業などの責任者として管理薬剤師を置く事が薬事法で義務づけられており、この管理薬剤師は医薬品の管理はもちろん全体のマネージメントも担う重要なポジションです。

「管理薬剤師」になるためには「薬剤師」とは別の資格を取得しなくてはいけない訳ではありません。管理薬剤師は薬剤師の資格を取得していればなる事はできるのです。ですが、上にも書いた通り管理薬剤師は薬品に対する知識はもちろんマネジメントも担う重要な役割ですので、店舗勤務のキャリアが求められてくるのです。

これまで薬剤師として働いてきた方に、いきなり「店舗の経営について」と意見を求められてしまっても…なかなか難しいですよね。つまり、採用する側としても経験者が欲しいのは当然なのです。と同時に、この「管理薬剤師」としてのキャリアはその後の転職において大きな武器となり得るものです。

管理薬剤師は拠点ごとに一人は配置しなくてはいけませんので、もしもあなたにその経験があれば、即戦力として期待できる優れた人材として好印象に繋がるでしょう。ですので是非あなた自身のキャリアに取り組むべきだと言えます。

では、「管理薬剤師」にはどのようになればいいのでしょうか?管理薬剤師がいない場合、薬剤師がその役割を担う事になるケースも少なくありません。

ですが未経験者から管理薬剤師を目指す場合、薬剤師を多く抱える大手薬局では狭き門となってしまうでしょう。できるだけ人手が不足している薬局をさがしましょう。求人の選び方として、単に「薬剤師」と求める求人も多く存在していますので、当然ですが管理薬剤師を募集している薬局を探して下さい。